高麗人参の効果・効能

朝鮮人参(高麗人参)とは?

朝鮮人参(高麗人参)は、日本においても名前が良く知られている漢方の一種です。
詳しくはわかんないけど、なんとなく体に良いものらしい…というのは大体の人が認識しているとは思います。

この朝鮮人参は中国や韓国、日本においてもポピュラーな薬草として古くから用いられてきたものなのですが、その栽培はとても難しく、天然物となると付けられる値段はかなり高値になるそうです。

朝鮮人参(高麗人参)の効果・効能

朝鮮人参は、主に根の部分を使用します。
この根の部分に含まれる、サポニンの一種であるジンセノサイドに赤血球を破壊する溶血作用があるとのことなのですが、糖尿病や動脈硬化、滋養強壮といった効能があって血圧や自律神経の乱れを正常値へと調整する効果があるようです。

また、漢方としては他の漢方の薬効を強める働きがあるということなので、できれば単体ではなく他の漢方と一緒に用いる方が良いんだとか。
精力剤としての高麗人参を摂取する場合は後者の方が効果を得られるかもしれません。

朝鮮人参(高麗人参)が用いられるようになった理由

ちなみに、なぜこの高麗人参というものが広く漢方に用いられるようになったのかと言うとその理由は単純明快。

枝分かれした根の形が、人の形をしているかのように見えることから、何か特別な意味合いがあるのではないか…?
という発想が根本にあったものと思われます。